ニャポ旅12 初秋の三浦半島・三崎口へ 前編

ニャポ旅 国内弾丸旅行

先日の予告編の通り、本日はニャポハウス1周年記念!
ニャポ旅12 初秋の三浦半島・三崎口へをレポートします!
今回は近場ですので日帰り旅デス。
前編・中編・後編・番外編の4部構成でのレポートを予定しております。

※1周年記念とは謳っていますが内容はいつものニャポ旅と同じです。
※今回は後編の最後にグーグルマップで散策ルートのレポートもする予定です。
※ニャポ旅ってなんぞや?⇒ ニャポ旅についてをお読みください。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

本日はシルバーウィークど真ん中!
天気も良好なので今まで行きたくてもなかなか行く機会がなかった三崎口へ向かいます。
ニャポ旅10横浜散策編ニャポ旅11浜松城編では地元猫さんと殆ど会えませんでしたが、
今回は三崎の猫さん達と会えるでしょうか…
それでは出発します!!

※因みに予告編で書いていた、
「こ、この場所はもしやの○○○では!?」
の○○○部分には三崎口が入ります!
まさか北海道なんて思っていた人は居ないと思いますケド…

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

横浜駅から京浜急行線の快特に乗る事、約50分。
ここは三浦半島最南端の駅、終点の三崎口駅です。
ニャポ旅で鋸山レポの時は久里浜港のフェリー乗り場から千葉(金谷港)へ行きますが、
その時の最寄り駅が京急久里浜駅で三崎口駅の少し手前となります。
なので久里浜駅までは何回か行ってますが、終点の三崎口駅まで来たのは初めてです♪

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

現在10時位ですが駅前は規模に似合わず凄い人デス!
ここは駅名の通り三崎(口)なので中心部では無く辺鄙な場所に駅があります。
三崎の中心やマグロで有名な三崎港、観光の城ケ島、油壷まではかなり距離がある為、
バスかタクシーを使わなくてはなりません。
なので画像には写ってませんが、そっち方面のバス乗り場は長蛇の列です。
因みにニャポ班は皆さんと反対方向に徒歩で散策するので、この混雑はあんまり関係ないです(ニヤリ)

いつもグーグルマップである程度の事前調査をしているんですが、
今回は道中、まったく店が無い感じだったので、駅前の7-11でドリンク類や食料の買い込みをします!
(本当に途中で店が無かったので、ニャポ旅のマネをする奇特な方は買い込み必須デス)
それではレッツゴー♪

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

気持ちいい~♪
大通りから海方面に曲がると、予想以上にスバラシイ景色が!
一面の大根畑(三浦大根)、その先には海が見えます。
この辺は丘になるので涼しい風がプラスされこれだけでストレス解消になります♪
丁度、畑を耕したり、苗を植える季節らしく、トラクターや軽トラが爆走しております(笑)
それにしても駅から徒歩5分程度でこの景色!
そして、この畑の中を目的地に向けて歩いていきます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

畑を抜けて坂を下ると住宅街があるんですが、なんと小さな牛舎や養鶏場が!
この辺はかなりイイ感じでしす♪
周辺の雰囲気にもよりますが、個人的にはこういったのんびりした雰囲気の中であれば、
たい肥や家畜の臭いは懐かしい感じがして嫌いじゃないです(笑)
そして、住宅街を抜けて目的地を目指します!
※牛舎等の写真は住宅街に付き、撮影は控えました。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

因みにこのエリアは漁港関係者以外、車で入る事はできません。
入口はチェーンでロックされています。
ただ、海岸に出るルートでもあるので徒歩や自転車であれば問題なく通れます。
画像右側にある隙間から入れます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

あっ!珍しい
何と「オナモミ」を見つけました。
ひっつき虫って言う方も多いですね♪
最近、すっかり見かけなくなったんですよね~
タンポポの様な花を咲かせています。
因みにオナモミは絶滅危惧種2類に指定されてます。
こういった小さな楽しみを見つけられるのも散歩旅ならではデスね!

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

道路に並行してマリーナがあります。
この場所はまさにバブルの遺産って感じですね。
周辺を見渡せば、なんとなく潰れた理由もわかる様な気がします(笑)
それでは先へ進みます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

(=^・・^=) ニャリ~ン!
目的地へ到着すると、なんとシロクロさんがお出迎えしてくれました!
シロクロ「ニャニャ!?猫キチ臭がする連中が来たニャ」
逃げる様子は無いので近づいてみましょう。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

あれ?このシロクロさん片目が潰れています。
我が家のミニリタン(チビ)を保護した時と同じ症状です。
栄養不足等で猫風邪ひいてウィルスでやられてしまったんですね…
体が痩せていてご飯が食べれてない様ですが、元気そうです。
よし!それでは早速カリカリをと…

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口 猫

(=^・・^=) ニャリ~ン!
ガサゴソやっていると、どこからともなくクロネコさんが登場!
シロクロさんと兄弟ですね!似ています。
クロ「聞き捨てならない音がしたニャ!」
軽トラが停まってますが辺りに誰も居ないのでカリカリをあげちゃいます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

ガリガリガリ…
シロクロ「やっぱり新鮮なカリカリは美味しいニャ!」
クロ「ニャかニャか旨いニャン♪」

あっ!あんな所に餌箱があります。
結構大きいサイズですが、まだ他にも猫さんが居るのでしょうか?
チェックすると古くなったカリカリが少しだけ入ってます。
その横にある水を入れるステン皿はカラッポです。
「しまった!水を買ってくればよかった」
酒とお茶しか買わなかったことを後悔…
この辺には店もありません。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

他に猫さんは居なさそうだったので、休憩がてら一旦海岸へ向かいます。
水を入手できればいいんですけどね…
この場所にはあとでもう一度寄ります♪

それにしても凄い所を抜けなて行かなくてはなりません。
さっきから耳元で「ブ~ン」と虫の羽音がします。
そして、腕を見れば数匹の蚊が血を吸ってます!?
「ぎょえ~!!」
足早に雑木林を抜けます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

おぉ~!
岩場の海岸に出ました。
周辺は岩だけです。
こりゃ水は無さそうだな…
取りあえず、歩き疲れたので休憩する事にします。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

プシュ!
グビグビグビ…
ぷはぁ~最高♪
ニャポ旅では恒例のアルコールタイムです。
対岸は整備されており人が多そうな感じですが、こちら側は数人の釣り人が居るだけ!
のんびり休憩が出来ます♪
あまりにも気持ち良くて眠くなってきました(笑)

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

さて、体力も回復しましたので水を探しますか!
う~ん…
海水は透明で綺麗ですが、コレは塩味でダメです。
周りを改めて見回してみます。

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

ムムム!?
よく見れば崖の所に湧水が出てるじゃありませんか!!
これは真水かな?
ちょっとだけ飲んでみます…
「う、うまっ!」
岩で濾過された湧水は無色透明無味無臭!
適度に冷えていて美味しいじゃないですか!
これなら猫さんも飲めるな♪
という事で先程消費したビールとチューハイの空き缶計3本を水で十分に濯ぎ、
約1リットルの水を入手するのであった!
※人間が湧水を飲むのはお腹壊す場合があるので自己責任で!

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口 猫

(=^・・^=) ニャリ~ン!
水を入手する事ができてテンションで先程の場所へ戻ってくると、
最初に出会ったシロクロさんの代わりに、キジトラさんが居ます。
先程のクロネコさんはくつろいでいます♪
キジトラ「ニャニャ!誰か来たニャ」
クロ「さっきの猫キチ達だニャ!きっと何かくれるニャ!」
クロネコさんが背中越しで、ニャポ班に”何か”を要求しております(笑)

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口

キジトラ「お腹が減ったニャ!」
やっぱり痩せていますね…
ちょうど漁師さんが居たので、水とご飯をあげていいか聞いてみます。
「い~よ!漁港に住み着いてる野良猫だから許可を得る必要は無いよ!」
おぉ~!ドーモです。
どうやら漁師さんは猫が好きでも嫌いでもなく、ただ単に猫がそこに居るから…
そんな感じで猫と接している様な雰囲気の気さくな方でした。
周辺に民家が無いって事もあると思いますが。
それでは、遠慮なく先程の水と450gの小袋に入ったカリカリを準備します!

ガサゴソ…
キジトラ「ニャニャ!?」
クロ「ニャ!またご飯をくれるのかニャ?」
待ってましたとばかりに反応します。

そこへ…
ネコ1「ニャ!?その音は久しぶりにパーティーの始まりかニャ?」
ネコ2「ニャニャニャ♪」
ネコ3「パーティー会場はここかニャ?」
ひまお「!?」

ニャポ旅12 三浦半島・三崎口 猫

(=^・・^=) ニャニャニャリ~ン!
どこからともなく猫さん達がたくさん集まってきました!!
ネコ「今日のパーティーはドリンクも有るかニャ!」
こ、これは壮大な猫パーティーになりそうです ( ̄ー ̄)V

それよりも、
「ご、ご飯足りるかな…」
ちょっと嬉しい悲鳴なのデス。

中編に続く
ニャポ旅12 初秋の三浦半島・三崎口へ 前編 終わり。
ニャポ旅12 初秋の三浦半島・三崎口へ 中編 へ続きます。

ニャポ

関連記事

管理者にだけ表示を許可する